1、温めること

体を温める事が大切ですが、もちろんお風呂のように体の外から温める事も必要ですが、同時に中から温める事が必要です。温かい飲み物、食べ物、冷え性に効くツボを押したり、刺激のある食べ物で中からぽかぽかにしましょう。使い捨てカイロや腹巻をして保温すれば効果はあるはず。

 

冷えをとる方法

 

 

2、リラックスして体をやわらかく

ストレスや緊張は体を固くすると同時に内臓、血管や筋肉も懲り固めてしまいます。めぐりが悪くなることの原因はストレスの場合が多いのです。爪の付け根をつまんで自律神経のバランスを整えたり、椅子に座ったまま体をねじってそのままで腹式呼吸10回、左右3回行うことで血行が良くなり、やわらかさを取り戻すことができます。リラックスして体も血管もやわらかくしましょう。

 

冷えをとる方法

 

 

3、熱を体中に巡らせる

体が冷えるということは熱が偏っている場合があります。顔は暑いけど手足は冷たい、お腹だけ、腰だけ冷えるなど部分的に冷えがある場合など。リンパや血液の循環をよくするマッサージや、適度な運動、20分くらいの足湯も効果があります。体を芯から温める事を考えてください。

 

冷えをとる方法

 

 

 

4、筋肉を使って燃やしていく

加齢と共に筋肉は衰えていきますが、使っていくことで体内の熱の4割をつくリ出します。運動不足の人も簡単にできる運動で熱を作り出すことができます。壁を使って腹筋を鍛える、立ったまま爪先立ちでふくらはぎを鍛えるなど。特に下半身の運動は、ついつい運動不足になりがちな生活の中、気軽にできることが多くあります。意識して取り組むようにしたいですね

 

ダイエットに効果的な運動



ダイエットの成功の秘訣

 

アラフォーの1ヶ月ダイエットおすすめアイテムは?

1ヶ月ダイエットの成功のカギは?

あなたにぴったりのダイエット方法は?